Ferrofluid

磁性流体 応用製品

磁性流体

Ferrofluid

Thermal Solution & Damping Control for Moving Parts

磁性流体 駆動部品の熱対策、ダンピング制御などで活躍中!

磁性流体は、1960年代のスペースプログラムで開発された液体でありながら、外部磁場によって磁性を帯び、磁石に吸い寄せられる性質をもつ機能性素材です。スピーカーのコイルの様な駆動部品の放熱には効果が絶大で、車載用も含めたほぼ全ての高音域再生スピーカー(ツイーター)に長年採用されています。また近年では、タッチスクリーンパネル用の触感デバイスなどの制振、自動車スクラップのリサイクル(精密比重差選別)など、用途が多岐に拡がっています。

HzeroComposite &
Temperature Sensitive Ferrofluid

HzeroComposite

Hzeroコンポジット

磁性流体のナノ技術をベースとして、高い周波数でも磁気応答性が優れた各種コンポジット製品を開発しました。HzeroⓇの名称は、磁気ヒステリシスが極めてゼロに近い特性を表しています。磁場による誘導も可能であり、クラックの検出や補修、磁気がギャップからの磁束漏洩を抑える役割などが 考えられています。各種樹脂材料をベースとし、固形物・ゴム・ゲル・スポンジ材料などの成形品から、接着剤の様な液体状態での提供も可能です。

Temperature Sensitive Ferrofluid

for Pump-less Heat Transfer System

電力を必要としない自己循環型の熱輸送装置向け 感温性磁性流体

温度が変わると磁気特性が大きく変化する新たな”感温性磁性流体”をリリースします。この特殊な性質を生かし、主にクローズドループの廃熱輸送システムが各分野で積極的に開発されてきていますが、電力を用いないポンプレスの未来の車載用熱輸送手段として大きく注目を浴びています。