沿革

株式会社アドマップ

1982年
(昭和57年)
三井造船株式会社玉野研究所において化学蒸着(CVD)法の技術開発開始
1987年
(昭和62年)
大型CVD-SiC設備導入
1988年
(昭和63年)
半導体製造装置用ボート・チューブへのCVD-SiCコート技術完成
1994年
(平成6年)
三井造船株式会社より三造メタル株式会社へ事業移管。SiC膜単体ダミーウェハの販売開始
1996年
(平成8年)
株式会社アドマップ(三井造船株式会社100%出資/資本金1億円)を設立三井造船株式会社にアドバンスト・マテリアル営業部を新設。三造メタル株式会社の新素材事業を継承して、CVD-SiC製品の製造を株式会社アドマップ、営業・販売を井造船株式会社が担当する体制としてスタート
2007年
(平成19年)
三井造船株式会社よりCVD-SiC製品の営業・販売業務を移管し、当社に営業部門を新設
2011年
(平成23年)
資本金を1億5千万円に増資
三井造船株式会社より新素材関連事業すべてを継承
2013年
(平成25年)
資本金を1億6千万円に増資
米国に子会社〈ADMAP CERAMICS INC. (当社100%出資)〉を設立
2015年
(平成27年)
7月1日 株式譲渡により株式会社フェローテック 持株比率66%となる
(株式会社フェローテックと三井造船株式会社との合弁会社)
2018年
(平成30年)
10月1日 株式完全譲渡により株式会社フェローテックホールディングス
の完全子会社となる
2020年
(令和2年)
1月
株式会社フェローテックセラミックスと合併、
新社名「株式会社フェローテックマテリアルテクノロジーズ」に変更